神奈川県立高校の統合計画案が発表されました。

こんにちは、塾長伊藤です。

 

神奈川県教育委員会から、県立高校改革実施計画(Ⅱ期)案が発表されました。
そこで今日はみなさん最大の関心事と思われる、「公立高校の統合」についてまとめました。
また「改編」(学科等が変更)となる学校も併せて掲載致しました。
※統廃合(一方の学校を廃止する)ではなく、統合(両校の良さを合わせ発展させる)というところに重きが置かれています。

 

公立高校統合計画

 

【統合校リスト】
●城山高校と相模原総合高校は、城山高校の施設にて、単位制・全日制、普通科。
●厚木東高校と厚木商業高校は、厚木東高校の施設にて、学年制・全日制、普通科・総合ビジネス科。
●瀬谷高校と瀬谷西高校は、瀬谷高校の施設設備、学年制・全日制、普通科。
●逗葉高校と逗子高校は、逗葉高校の施設設備、学年制・全日制、普通科。

※各校とも現在小学5年生の高校入学時に統合。
※厚木の2校のみ現在小学4年生の高校入学時に統合。また現小6と小5は、統合校へと在籍変更の上卒業となる。

 

【改編校リスト】
●神奈川総合高校は現中1から、従来の普通科に、舞台芸術科が加わる。
●横須賀工業高校は現小6から、従来の機械科、電気科、化学科に、建設科が加わる。
●海洋科学高校は現小6から、従来の単位制・海洋科学科に変わり、学年制の船舶運航科・水産食品科・海洋無線技術科・海洋資源環境科となる。

 

【その他の変更】
●愛川高校 現中2から、学校運営協議会を活用した地域との協働による学校運営
●光陵高校 現中2から、中高連携による新たなカリキュラム推進。中高大の連携型教育の実施。
●工業高校 現中2から、地域の産業界と連携し、実践的な学びの機会が得られる長期間の現場実習。
●定時単位制高校 平成32年度以降、半期単位認定制(セメスター制)を順次導入。
●通信制高校 柔軟な学びに配慮し、生徒の卒業と希望進路実現に向けた新しい教育課程の運用。

 

取り急ぎ、統合関連のニュースをお伝えいたしました。

次回は各統合予定の高校について、現在分かっている情報をお伝えしたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

完全個別指導 【明哲ゼミナール】
http://meisemi.jp
TEL 0120-96-1519
【本部校】相模原市南区相模台7-33-18-101
村富線(県道507号線)沿い、若草小学校前バス停前

【公共交通機関でのアスセス】
(相武台前駅2番のりば:北里大学行き、または北里大学経由相模原駅南口行きバス、若草小学校前バス停下車すぐ)
(相模原駅2番のりば:相武台前駅行きバス、若草小学校前バス停目の前)
(小田急相模原駅:相武台グリーンパーク行きバス、新磯野バス停下車、村富線を徒歩600m)
(相模大野駅3番のりば:麻溝台経由北里大学病院行きバス、水道路バス停下車、コープから県道507号線を目指し1Km)